業者にしてもらう

手提げ袋をオリジナルで印刷すると

自分専用のロゴやデザインの入った手提げ袋は、他で販売されていない世界に1つだけの物です。オリジナルの手提げ袋を作成したいと思ったら印刷会社で行ってくれますが、気になるのは料金です。手提げ袋にする素材によっても完全オリジナルであるか印刷会社で用意された型を使用するのかで料金は変わります。多くの印刷会社で注文数は最低注文数が数百枚とされていますが、小口でも受け付けてくれるところもあります。平均的な価格相場は500枚で7万円前後、それ以上になると割安になってきます。他の印刷物と同様に発注数が多くなればなるほど1点単価は安くなるしくみです。現在でも特殊加工や取っ手部分がオプションで選べるタイプなどが有り、本体もビニール、紙、布と豊富です。今後の需要に伴い更に新素材や印刷技法が取り入れられて行くでしょう。

少し前までは企業が多く利用していた

ロゴが入った手提げ袋は、これまで主に企業が印刷発注して利用していました。創業300年以上の歴史を持つ百貨店が一目でそこで商品を買ったと分かるように印刷された紙の手提げ袋をお客さんに持たせ始めたのは1900年代に入ってからのことです。これを機に各店や会社などで自社独自のロゴとデザインを工夫した物を使用し、訪れた人に持たせることによる宣伝効果を促進させています。昨今では、宣伝効果や商用目的でなくとも個人がオリジナリティを持つ物を身につける傾向が浮上してきたため、サイドバッグの役割を果たす手提げ袋も独自のデザインなどで印刷会社に発注して使用する人もいます。ロット単位の大量注文形式が多いため、今後は小口注文の相談にも即対応可能であり金額的にも抑えられる方法の採用が期待されます。